金融・不動産を考察するコラム

株式会社ジョイエスの金融・不動産について考察するコラムです。不動産担保ローン・不動産担保融資を取り扱う企業として適正な情報配信に努めます。

不動産担保ローン

不動産担保ローンの現場より10

投稿日:2014年10月28日 更新日:

今日はジョイエス立花です。

本日は成約には至りませんでしたが昔担当した案件で相続で苦労した件を振り返ってみます。

(本事例は個人情報保護の為、場所等は架空の物です)

お客様 M様 希望金額500万

資金使途 消費者金融の一本化

担保物件 千葉県松戸市自宅不動産(総量規制施工前の案件です)

M様は株式投資で損失を出しその補填の為、消費者金融等で借り入れを起こされたのが借り入れの始まりでした。

M様は公務員で年収もある為、消費者金融も積極的に貸出をするので借入額は2-3年で500万を超えました。

毎月の支払い額が多くなってき返済が苦しくなってきたのでM様は一本化をして返済を楽にする為、不動産を担保にし借り入れをする事を考えられ当社にお電話をいただきました。

担保になる不動産は先祖代々より住んでる土地の為、M様は不動産の権利関係がどうなっているかも今まで知らず謄本を取り始めて亡くなられた祖父の名義のままである事を知りました。

相続対象者は祖父から見ますとM様は長男の息子に当たり相続対象になる兄弟は長男以外に5名いました。

当社はこの相続が終わりM様の名義にならないと融資が難しい旨を伝えお互いにどういう手順を踏めばよいか考えまず相続対象者の連絡先を調べる事から始めましょうと提案しました。

M様は相続対象者に相続放棄をお願いするため親族に連絡を取り始めましたが以前より父の兄弟間では折り合いが悪く相続対象者の中には疎遠の兄弟も居りました。

それでも探しあて連絡をとりますと父の兄弟で2名亡くなられた 方がいまして相続権が息子、娘様に移り代襲相続者が2名の兄弟から6名いました。

代襲相続になると全く面識もなく当社立ちあいの中、相続対象者に説明をしましたがただ印鑑を付きたくないと言う事で拒否する方、法外な放棄に対する費用を請求される方、さまざまな思惑が絡み合い話し合いが付かず結局裁判になりました。

その後、裁判で3-4年経つ間にM様は返済が厳しくなり債務整理をされた為、借り入れの件は中止されましたのでその後裁判の結果はわかりませんでした。

普段自宅などは名義が変わらなくても生活に支障がない為そのままにされてる方が多い物ですが金融、不動産業者の立場で言えば当事者が連絡がつく、お互いの往来がある時などに面倒でも相続登記などはしておく方がいいものであると思います。

代がかわれば色々な意見が出てまとまる物もまとまりにくくなる物です。

本日は最後までお読みいただき有難うございました。

日々冬の足音が近づいてきてますので皆様お風邪など引かない様に体調管理には気をつけてください。

-不動産担保ローン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

不動産担保の登記について

12月に入り日々寒くなってきましたね こんにちは株式会社ジョイエス立花です。 今回は不動産担保で設定されるなかなかわかりづらい登記の種類について簡単に説明させていただきます。

審査に必要な公図について

こんにちはジョイエス立花です。 本日は私共不動産を担保にする金融業者が審査する時にまず一番見たいと思われる書類についてお話します(私だけかもしれませんが)。 審査時に必要書類としてはまず不動産登記簿謄 …

no image

金融業における貸金業務取り扱い主任者

こんにちは株式会社ジョイエス 立花です。 本日は金融業における貸金業務取り扱い主任者のお話を少ししてみたいと思います。

不動産担保ローンの現場より6

今日はジョイエス立花です。 お盆の時期に入りお休みの方も多いのではないでしょうか。 当社も取引先などがお盆休みに入っておりますのでいつになくのんびりと営業をしています。 本日は新規開業をして間もない自 …

よくお問い合わせいただく質問①

今日はジョイエス立花です。 本日はお客様より良くお問い合わせをいただく質問についてお答えいたします。 当社にお申込みいただくお客様の6割から7割は東京以外にお住まいのお客様が多く、インターネット、お電 …